SPEEDI:緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム

SPEEDIは、原子力発電所が損壊し大量の放射性物質が放出された場合において、
日本国内にて放射性物質の大気汚染及び被ばく線量など環境への影響を放出源情報、
気象条件及び地形データを基に予測するシステムであります。
この技術は当然のように想像がたやすい事であるが、データマイニングの技術を利用している。
基本的にデータマイニングというのは、複合された様々なデータをを元に何かを予測するために使われる技術である。
SPEEDIは、原子力安全技術センターに設置された高性能コンピュータを中心としたネットワークで、
関係府省と関係道府県、オフサイトセンター、日本気象協会に結ばれています。
データマイニングで精査するための因子に当たるデータは、
関係道府県からの気象観測点データとモニタリングポストからの放射線データ、日本気象協会からのGPVデータ、アメダスデータを収集し活用する事となります。
SPEEDIと日本気象学会
WSPEEDIのデータによると関東圏はチェルノブイリ第三区分と同等になる
SponsoredLink
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。